謎の真相


記事の内容

前へ | 次へ

原発破壊犯殺害の苦しいアリバイ工作
2013/09/20 08:37

          
人気ブログランキングへ

この小久保寺島は、その後(3月30日)福島原発の中から遺体となって発見された。
ニュース新聞報道は4月3日。そこで注目して頂きたい… その報道内容が奇妙奇怪を極めているのである!!  
阿修羅の指摘
http://www.google.com/gwt/x?gl=JP&hl=ja-JP&u=http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/462.html&client=ms-nttr_docomo_gws_aw-jp&source=sg&q=%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E6%96%B0%E8%81%9E2011.4.2%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%86%85%E3%81%A7%EF%BC%92%E9%81%BA%E4%BD%93
こちらもどうぞ
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=xsw2xcv2&id=3100511
 
 
遺体はなんとリンチ外傷致死状態(多発性外傷出血性ショック死)。所が福島県警の所見では溺死。私の知る所では、当時この死亡報道について、“事件”の背景を何にも知らない一般人主婦たちまで、逆に注目をするというヤブヘビ状態を招いていた。
 
…「こんな時間が経ってるのに、死亡推定時刻が11日の16時とか、なんでわかるの?(※各紙、各報道文体が断定形であった)
除染?被曝の放射能なしで遺族に引き渡された?こんな長い時間あの原発本体の中に私服でいて?
二人とも外傷性出血死?
 
これってなんか物凄い裏のありそうな事件だよね、きっと。何なのかね…知りたいよね」
 
そんなわかるはずのない20日前の死亡推定時刻まで決めて“こう発表しろ”という超権限というかスーパーパワーというか、そんな力まで行使できるなら、何にも泡を食う必要などなかったのである。
 
私ならば、「死亡推定日時は3月上旬から中旬と思われ、死因は、地震による建物内の崩壊による打撲外傷で、物陰に隠れた格好で発見が遅れ行方不明者となっていた模様。尚、放射能汚染と腐敗の進行から家族の元へは帰らずに火葬がされる見通し」←いいか、この通りに発表しろ!と言うが。
 
これならば、皆さん“ああ、そうだったの”で聞き流して終わりだろう。…
 実は、私は日テレ経由でCIAに以下のような脅しをかけておいたのである。(日テレにきけばわかる※CIAユダ金イスラエルは身内、CIAに文句をつけたい時は、日テレのご意見ご感想に送ってやればよい。CIAの側も、一般の日本国民が何を考えてるか、何を言ってくるのか是非把握しておく必要があるわけである)…
 
以下は2011年3月24日、日テレに送ったもの→
 
ー…これはもう、日本全国雑誌新聞、農協、役所、何百ヶ所に送りましたので、そこんとこよろしくCIAさん。それと、イスラエルのMagnaBSPという会社が、日本の原発の安全管理セキュリティーの全てを請け負うことになってるんだそうですね。不思議な話ですねえ、何でテロ国家イスラエルなんでしょう?日本にもその種の会社はあるのに。そして、東電傘下のプラントエンジニア小久保和彦、寺島祥希の二名が、地震の当日、Magna社に雇われてべらぼうな報酬と引き換えに、原発の冷却システムを誤作動させて、トンズラして行方不明となりましたよね。この話ももう日本では知る人は皆知ってるんですわ。なんといってもこちらには不動の証拠があるもんでもしこれ(この話)世界中にバラしたら一体どういうことになるか?   ウィキリークスの騒ぎどころではなくなるんですわ我々は今お前らの出方を見てるんです甘く考えない方がいいですよ。…それと、福島県沖30キロの洋上で一万倍の放射性物質? 
一万倍というのはなんぼなんでもあり得ない数値です。さあ、今回の地震、海底で一体何があったのかなあ〜…                 ※日テレの皆さんも、これらの話、大いに拡散して下さい。―
 
 
……………………
こういう無理な報道(強引な無理な事態終息工作)が起こって逆にボロを出して世間の注目を集める… 私は、これを狙っていたのである。人を脅す事しか知らない連中は、自分が脅される立場になるとここまで取り乱して狼狽するものなのである。
 
 
…「(Д`ハァ、ハァ、いいか、11日の16時には死んでいたことにするんだ!わかったか!(Д`ハァ、ハァ」
あわてぶりが伝わってくるではないか…
(※とにかく、その4月3日の事件を伝える各報道記事を見て頂きたい。見ればわかる)。それにしても、二階堂氏と千早さんには心より感謝申し上げたい。※尚、この一連の送信内容については、既に2011年3月21日から4月4日にかけ、全国ローカル新聞社、週間新潮、フライデー、週刊プレイボーイ、国民新党、たちあがれ日本、東京新聞等に既に送っている。
 
 


人気ブログランキングへ
画像





カテゴリ:未分類

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン



Powered By FC2ブログ